「ロボット化館内配送集荷サービス」

複数メーカーの自動搬送ロボット群とロボットアームをクラウドで統合した大規模オフィスビル向け館内配送集荷サービスを開発し、森トラスト株式会社様の城山トラストタワーにて、ロボット化館内配送集荷サービスの実証実験を2021年6月1日から1ヶ月間行いました。この実証実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス技術開発事業」の補助を受けて行われました。

「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス技術開発事業」

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス技術開発事業(以下、本事業)」に提案し、採択され開発が始まりました。

異種ロボット連携

QBITの「QBITサービスロボット開発基盤」を拡張して「館内配送基盤」を開発。それぞれメーカーの違う3機種の配送ロボットとアームロボットが連携してサービスを行う異種ロボット連携を可能としました。

ロボット化館内配送集荷サービス
ロボット化館内配送集荷サービス
自動ドア、セキュリティドア、エレベーター連携

配送コースには、自動ドア、セキュリティドア、エレベーターがあり、自動ドアおよびセキュリティドア連携については新規に開発。エレベータ連携については、すでに連携していたSavioke社「Relay」を採用しました。コース途中には配送ロボットが行き交うことができない通路などもあり、通路排他制御など細かな制御は「QBITサービスロボット開発基盤」で対応しました。

​デモ動画

ロボット化館内配送集荷サービス