• onoue

QBITがコミュニケーションロボット「Kebbi Air」を用い、池袋カラオケ店の受付チャットボットとして提供、8/18より利用開始。新型コロナウイルス感染症対策強化に貢献。

ロボティクス サービス プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)が、コミュニケーションロボット「Kebbi Air」を用い、受付チャットボットを提供し、これを株式会社エクシング(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:水谷 靖、以下 エクシング)が採用。これに伴い、エクシングの子会社の株式会社スタンダードが運営するJOYSOUND池袋西口公園前店に導入します。同ロボットは、接客の一部を担い、新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みや設備やサービスに関する質問などをチャットボットとして受け答えし、店舗における「非接触(お客様同士も、お客様と店舗スタッフも直接接触しない)」「非対面(お客様と店舗スタッフが対面接客を行わない)」の強化に貢献しています。


エントランスに設置されたコミュニケーションロボット「Kebbi Air」。

会ったら「ハローケビー♪」と声をかけ、気軽に質問してね。




本件は「KDDI ∞ Labo」パートナー連合46社より、共創環境(保有施設・開発環境)や専門分野に関するデータ・知見などの自社アセットをスタートアップに提供し、新型コロナウイルス感染症の影響下におけるスタートアップの事業継続を支援する「MUGENLABO支援プログラム 2020」として採用されました。

KDDIプレスリリースはこちらから

230回の閲覧

​株式会社QBIT Robotics

〒164-0003 東京都中野区東中野1-26-4 ABパレス

  • QBIT RoboticsのFacebook
  • QBIT RoboticsのTwitter

© QBIT Robotics, corp. 2020 All Rights Reserved