ROBOT HAND

豊田合成とQBIT Roboticsのコラボハンドである「触覚ハンド」

「触覚ハンド」とは、軽くて柔らかく高精度な「e-Rubberセンサ」を用いた触覚付きロボットハンドです。従来難しかった、柔らかいものや異なるサイズのものも「触覚ハンド」なら容易に掴むことができ、QBITと豊田合成では、人手不足が深刻化している飲食やサービス業での触覚ハンド実用化に向け、コラボレーションを推し進めています。

2020年2月12日 第5回 ロボデックス -ロボット [開発]・[活用] 展- 豊田合成株式会社ブースにて

実用化に向けて、両社のコラボレーションを加速させていくことを誓う

右: 豊田合成株式会社 宮﨑代表取締役社長 ​左: 株式会社QBIT Robotics 中野代表取締役社長

「触覚ハンド」実用化に向け、実証実験中

​2019年12月

JR大宮駅ロボットパスタショプで紙カップを把持

​2020年2月

展示会にて、バリスタロボとして活躍

「触覚ハンド」は、ロボットがワンハンドで様々な作業を行えるようになる可能性を秘めています。

​株式会社QBIT Robotics

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-8 

平河町貝坂ビル3階

  • QBIT RoboticsのFacebook
  • QBIT RoboticsのTwitter

© QBIT Robotics, Inc. 2020 All Rights Reserved