ROBOT SOLUTION

ご相談から活用提案、システム設計、導入、運用支援、

保守・サポートまで、ワンストップでご提供します。

 

Hardware technology

独自のハードウェア技術

 

ロボットを十二分に活用するためには、ロボットフレンドリーな環境構築が必要です。QBITは、過去の経験に裏打ちされたハードウェア技術を有しており、ロボットに合わせた環境も設計し、合わせて提供することが可能。ロボットをフル活用をして頂けます。

Software technology

独自開発のソフトウェア

 

QBIT独自開発の簡易言語(ロボットの制御や発話を司るソフトウェア)を有しているので、短期間でロボットシステム設計・構築が可能。わずかな準備期間でロボット導入頂けます。(従来、計画から導入までの期間は6カ月以上かかるケースが多かったですが、QBITのロボットソリューションでは、標準的な内容であれば1カ月程度で導入することも可能です。)

ロボットがカメラと連動し、お客様(来店者など)の位置、性別、年齢、表情を認識。AIを用い、お客様に合わせ、適切な発話や動作の対応を行えるため、接客や集客などの業務にも活用頂けます。

導入までの流れ

提供内容

Our Robot 

QBITのロボットができること

 

QBITのロボットは働きます。モノを掴み、機器や道具を操ることができ、担当作業を休まず働き続けることが可能。作業内容にもよりますが、人手による作業を削減でき、結果的に生産性向上につながります。

QBITのロボットは、話します。ロボットの動きや、別途設置するカメラと連動し、状況に応じた発話を行います。ロボットならではの、人を楽しませる時間と空間を生み出します。

 

1. お問合せ  

お問合せフォームより気軽にお問合せください。ロボット活用に期待することなど、ロボット活用のイメージを記載頂けると幸いです。

2. ヒアリング 

ロボット活用の目的、設置場所、準備期間、予算感、決済の有無や手段などをヒアリングし、具体的な構想へと進めます。

3. 現地調査 

ロボット導入に必要となる、電源、ネットワーク、カメラ設置環境/測定などの現地調査を行います。また設置にあたり、保健所や消防署などの対応などの確認も行います。

4. お見積り 

ヒアリングと現地調査の結果を踏まえて適切なロボットを選定し、個別で見積もりをご提示。

5. ご発注

NDA/受発注契約を締結し、いよいよ設計・組み上げへと進みます。​

6. システム設計/開発 

ロボット環境に必要なハードウェアを設計・開発し、ロボット動作や発話などを設計します。ソフトウェアについては、お客様のニーズに合わせて追加開発を行います。

7. 最終調整・確認 

ロボットを現場に設置。現地にて最終調整を実施。お客様にて納入確認を実施頂きます。

8. 導入・運用サポート

導入後も、引き続き運用や保守サポートを行います。また、お客様のご要望に応じて売上や利用者統計情報などのレポートを提供することも可能です。

 

​導入事例

「​変なカフェ」

「​変なカフェ ハウステンボス店」

養老乃瀧株式会社が運営。人手不足の解消と、人とロボットが協働できる現場オペレーションを開発するため、ビールなどのドリンクを作り、接客するロボットを試験導入。

株式会社エイチ・アイ・エスが運営。同社の常に「変化」し続けるポリシーを受け、ロボットのTom(トム)が美味しいコーヒーを淹れてくれる。

ハウステンボス株式会社が運営。ロボットは、長崎やハウステンボスにまつわる、お話をしながら接客します。

>>導入事例ページはこちら

​株式会社QBIT Robotics

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-8 

平河町貝坂ビル3階

  • QBIT RoboticsのFacebook
  • QBIT RoboticsのTwitter

© QBIT Robotics, Inc. 2020 All Rights Reserved