USE CASE

株式会社養老乃瀧 様

【人手不足解決に実証実験、ロボット酒場「ゼロ軒めロボ酒場」を開店】

他の外食事業者と同じく、株式会社養老乃瀧様でも人手確保に課題を抱えています。

一方、QBITは、人とロボットが協働する楽しい社会を目指す中で、ロボットサービスを提供することで、

人手不足解消の糸口を作りたいと考えていました。

今回、両社が「人とロボットの協働は実現する」という考えに共感し、2020年1月23日~3月19日の約2カ月間

池袋の一軒め酒場店内に『ゼロ軒めロボ酒場』(以下、ロボ酒場)を設け、実証実験を行う運びとなりました。

ロボット導入前

・人手不足問題の深刻化

・新たな客層の掘り起こ

 しが必要

・店舗オペレーションの

 生産性を向上したい

ロボット導入後

・ロボットにより、カウンター

 作業(ドリンク作り)が軽減

・子連れや外国人など、新たな

 お客様層アプローチ成功

・営業前の準備、営業後の

 清掃/補充作業のみで運営可能

「皆さんスマホで動画を撮り楽しまれています。新規のお客様やロボット目当てのお客様が多かったとはいえ、総じてお客様に受け入れられました。非難やクレームは一切なかったですね」と籾谷氏。ロボットがきっかけとなり、新規のお客様層として、子連れファミリーや外国人が増えたという。

「常連のお客様(年齢層高め)も、ロボ酒場を利用されてましたよ。恥ずかしいからか、他のお客様がロボ酒場を使っていないタイミングを計って買ってました」と、海野氏は笑いながらエピソードを紹介してくれた。ロボ酒場は幅広い年齢層に受け入れられたようだ。

 

店員内でのロボットの受け入れも早かった。ロボット起動などの開店作業をした後、8:00~24:00の営業中は基本「ほったらかし」。当初懸念していた食材補充も、開店時に新品をセットすれば途中補充する必要がないことが分かり、特にトラブルが無ければ、開閉店の作業は合わせて約1時間程度で済んだ。おかげで店員スタッフも負荷が少なくロボットを受け入れられた。さらに、店員がお客様に接客する際も、ロボットが共通の話題となり、話のネタになったり、追加ドリンク(『ロボ酒場』の利用)を勧めやすかったという。混雑時は、お客様が自ら積極的に『ロボ酒場』を利用する様子も見受けられ、お酒を楽しみたいお客様、お酒を入れるロボット、接客で忙しい店員と、不思議な連帯感も生まれたという。

一方、故障やトラブルは・・・「目立ったトラブルはないですね、想像したよりも、スムーズに上手くいったとの印象を持っています」と籾谷氏。呼応するように海野氏も「小さな問題はあったが、きちんと対応頂いたので、問題視はしていません」

実際に起こったトラブルとしては、QRコードリーダーの不調(上手く読み取れない)、カップディスペンサーの不調(上手くカップが持ち上がらない)などがあった。しかしQBITにて故障原因を追究した結果、電源共有不足や消耗品の摩耗等原因が特定でき、適宜対応していた。ただし、店員スタッフ内では、小さなトラブルも自分達で解決できずQBITへ連絡せざるを得ない状況に、気を揉んでいたとの意見もあった。

 

 

◆実際のお客様の反響は?店舗オペレーションに変化は?

導入企業インタビュー

「常連さんから子連れファミリーまで、

ロボ酒場は幅広い層のお客様に

受け入れられていました。」

右:養老乃瀧株式会社 営業グループ

  関東エリア直営 エリアリーダー   籾谷 佳生氏

左:養老乃瀧株式会社 商品企画チーム  海野 洋介氏

 

受付アバターがきっかけで、アームロボットに出会う

QBITとの出会いは、約1年前。当初は、QBITが提案していた受付アバター(タブレット上のアバターが受付や注文などの業務を行う。現在は販売停止中)の導入を検討したという。人手不足の解消や地方での雇用創出、外国人スタッフ採用の課題などを一気に解決できる、非常に良い取組みなると前向きに検討していました」と籾谷氏は、当時を振り返った。

ところが、QBITからは別提案として、今回のロボットサービスを推薦された。「人手不足の問題は深刻化していましたので、ロボットの活用も検討しなければと思っていました。が、高価でスペースも取るロボットは現実的に落とし込むには難しいと考えておりました」と籾谷氏。

 

◆ハードルを乗り越え、実証実験へ。

ロボットサービス導入へと舵を切るため、「何か新しい取組が必要で、ロボットは面白いと思った」と海野氏は現場で奮闘した。

まず、導入ハードルとなっていた①費用 ②スペースの問題に対し、海野氏自らQBITへ働きかけ、①共同の実証実験とすることで費用面をクリア ②ロボット設置するスペースを最小(テーブル2つ分)で設計するように段取り、今回の『ロボ酒場』実現へと運んだ。

ちなみに、ロボ酒場の「生ロボビール」などユニークなドリンクメニューは、同氏が命名。遊び心とお店作りへの想いが垣間見える。

2020年1月23日、いよいよ『ロボ酒場』オープン!養老乃瀧社では店舗オペレーションに関する検証項目として、「お客様にロボットは受け入れられるのか」「故障やトラブルはどの程度あるのか」に注目し実証実験を行った。

 

 

◆総評そして、今後のロボットやQBITへの期待

籾谷氏は開口一番「ロボットに、スピードを求めます」。実証実験の検証結果として、生産性(売上ベース)から見ると、人の1/3程度を担ったことになる。そこで、さらなる生産性向上を狙うべく、同時提供杯数を増やしたり、スピードアップなどの改良が必要だ。籾谷氏は続けて「店舗経営や収益性などを考慮すると、カウンター(ドリンク作り)だけでなく、洗い場や調理補助なども期待します」という。ロボットが単一作業ではなく複数作業をカバーするといった方法も示唆した。雇用に関する問題は、今後もさらなる悪化が見込まれている。人件費は上昇を続け、雇用や労働環境への規制は増加。事業主にとっては厳しい状況下で、人手を確保しなければならない。

 

籾谷氏も海野氏も声を揃え「ロボットは何時間でも働き、休まない。有休がいらない。破損を出さない。汚さない。」と、生産性という数値では示せない、ロボットの魅力を語る。「今後、先に行けば行くほど、投資回収は短くなります」籾谷氏は語り、ロボットの有効性を示した。

インタビューの終わり、『ロボ酒場』からインスピレーションが湧いたのか、両氏はたくさんの構想を語ってくれた。例えば、レジの空席案内システムとロボットを連動させ、呼び込み禁止地区であっても、ロボットに呼び込みや空席案内を行わせる。AIを用いて、ロボットに来店者に合わせた「今月の一押し」の紹介やメニューの簡単な説明をさせる。さらには、キッチンカーによる野外での飲み放題専用の店舗を展開する構想。実証実験をきっかけにロボット活用の改良点と有効性が見え、沢山の構想が生まれた。

養老乃瀧様からの期待を受け、QBITは引き続き、ロボットに真剣に向き合い、飲食業に実装するロボットサービスの開発/提供にまい進します。

店舗データ

店舗名  ゼロ軒めロボ酒場

期間   2020年1月23日(木)~3月19日(水) 

営業時間 8:00~24:00(ラストオーダー23:30)

所在地  JR池袋駅南口「一軒め酒場」店内 (東京都豊島区西池袋1-10-15)

メニュー 白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ、ロボレモンサワー、桃色ロボ想い

     ロボ生ビール、スコッチハイロボール、ロボと泪とカシスとソーダ

価格   各300円(税込)  

提供時間 ビール40秒、サワー類100秒

購入方法 レジにて専用チケットを購入し、QRコードリーダーにチケットを

     かざすと、ロボットがドリンクを調理・提供します。

会社概要

1956年、居酒屋「養老乃瀧」の1号店が神奈川県横浜市に開店しました。それから60年が経過し世の中は大きく変化しました。求められる居酒屋のあり方もまた変化してきています。単に「お酒を飲む」という機能だけでなく、美味しいお酒とお料理は当然のこととして、居心地、親しみ、出会い、安心感などの価値の提供を行い「笑顔の集う場所」として地域の方々の居場所になることを目指します。

会社名    養老乃瀧株式会社

本社所在地  〒171-8526 東京都豊島区西池袋 1-10-15 養老乃瀧池袋ビル 8F

ホームページ www.yoronotaki.co.jp

​株式会社QBIT Robotics

〒164-0003 東京都中野区東中野1-26-4 ABパレス

  • QBIT RoboticsのFacebook
  • QBIT RoboticsのTwitter

© QBIT Robotics, corp. 2020 All Rights Reserved