• yokota195

【リリース】QBIT Robotics、第三者割当による増資を実施

最終更新: 2019年6月28日

〜 ロボットカフェのパッケージ「&robot café system」開発を加速 〜

 ロボティクス サービス プロバイダーの株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野 浩也、以下:QBIT)は、豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮﨑直樹)と森トラスト株式会社(本社:東京都港区、社長:伊達美和子)、その他VC等計5社を割当先として、第三者割当増資を実施しましたのでお知らせします。これにより、QBITは人材の採用を加速させ、新商品開発及び販売、またサポート体制の強化を行ってまいります。


 QBITは、ロボティクス コミュニケーションがもたらす誰もが幸福で楽しい社会を目指すロボティクス サービス プロバイダーです。飲食業/宿泊業/エンターテイメント業などへの協働型ロボットサービスを手掛けたメンバーを中心に2018年1月に設立されました。現在、提供内容の先進性/ユニーク性から、国内外から多くの注目や期待を得ております。2019年は、ロボットカフェのパッケージ「&robot café system」製品化に向け開発を進めております。


 今回の第三者割当増資により、新資本金(資本準備金を含む)は、4億9100万円(2019年5月28日現在)になりました。


◆豊田合成株式会社よりエンドースメントを頂いております。

豊田合成株式会社は社是「限りない創造 社会への奉仕」 のもと、2019年1月に新設したコーポレートベンチャーキャピタルの専門組織(ベンチャー投資企画室)により、当社のコア技術とのシナジーが期待できるスタートアップ企業への投資を通じたオープンイノベーションによる新価値の創造を推進しています。当社のe-Rubberを用いた新技術とQBIT 社が開発する協働型ロボットサービスを組み合わせることで、日本が抱える人材不足問題の解決に向けて取り組んでまいります。

取締役 ・ 専務執行役員 小山享 様


◆森トラスト株式会社よりエンドースメントを頂いております。

森トラストグループは、中長期ビジョン「Advance2027」に基づき、グループのオープンイノベーションを推進すべく、200億円の投資枠を設け、M&Aやスタートアップ企業への出資を行う「新イノベーション投資戦略」を推進しております。QBIT社が企画・開発するサービス業界向けの協働ロボットは、サービス業界におけるサービス向上や労働力不足の解決等に寄与するものと、当社も期待しています。今後も当社グループはコーポレートスローガン「Create the Future」のもと、ビジネス環境の整備やスタートアップ企業との協業による事業創出などを通じて、より豊かな都市の実現を目指してまいります。


◆今後について

 QBITは、以下の事業拡大策を予定しております。

 ・ロボットカフェのパッケージ「&robot café system」の正式受注開始

 ・開発状況/試験運用状況(実施店舗)のご案内


【QBIT Roboticsについて】

  社 名:株式会社QBIT Robotics

  本 社:東京都千代田区平河町1-6-8平河町貝坂ビル3階

  代表者:代表取締役社長&CEO中野浩也 

  概 要:ロボティクス サービス プロバイダー事業とそれに付帯する各種サービス



※2019年6月10日のプレスリリースより抜粋(本リリースは同日時点での情報)









本内容は、豊田合成(株)および森トラスト(株)からもプレスリリースとして発出しております。

豊田合成(株):詳細はこちら

森トラスト(株):詳細はこちら

1,733回の閲覧

​株式会社QBIT Robotics

〒164-0003 東京都中野区東中野1-26-4 ABパレス

  • QBIT RoboticsのFacebook
  • QBIT RoboticsのTwitter

© QBIT Robotics, corp. 2020 All Rights Reserved